韓国カジノが綺麗な理由

日本には韓国カジノのようなカジノが認められていません。
日本のギャンブルといえば、競馬、競艇、競輪、パチンコ、マージャンでしょう。
このうちマージャンは自分で打つのですが、これは技術があります。
強い人は強いです。運もありますが、ほとんど相手に打ち込まないのです。
強い人にとってはギャンブルではないでしょう。

後の競馬。競輪、競艇については、絶対は、ほとんどありません。
よく迷惑メールで当たりを教えますとか、軸馬はこれです。
というのが着ますが、ほとんどハズレですね。
予想屋と同じです。当たることは稀です。
いつも当たっていれば、人に教えないで自分でひそかに買うでしょう。
絶対がない分、穴があるのです。それだけ面白いといえますね。

韓国カジノはもちろんギャンブルはほとんど儲かりません。
家を何軒損したという人はいますが、豪邸を建てたという人は聞いた事はありません。
パチンコもいまはコンピューターとの戦いです。
コンピューター
どういう台を選ぶかで決まってきます。長い間やれば、大体損をします。
毎日のように通っていれば、どの台が出るかは、大体判りますが・・・
1年を通せばまあ負けでしょう。

パチンコ依存症という言葉もあります。
主婦がはまって生活費までつぎ込んだということも話題になっています。
一時は子供を車内において、パチンコに熱中して、殺してしまったということも話題になりましたね。
それだけギャンブルは面白いものです。

しかし損するのが大半です。胴元が儲かるようにできているのです。
韓国カジノがあんなに豪華できらびやかなのはこうして
負けた人の金を使っているからなのです。

したがって、ギャンブルをやるのであれば、所詮は損をするのだということを、頭に入れて、
自分の小遣いの範囲で遊ばせてもらうという感覚が大事だと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ